読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

Sennheiser HD598 CS(密閉型)を買ってみた。【レビュー、ヘッドホン、ゼンハイザー】

ヘッドホン

 f:id:eeebook:20170104031608j:plain

 

 Sennheiserの名機HD598が密閉型になって登場しました!

 

 普通のHD598とは違い、HD598 CSはHD558やHD598 SEのような黒いボディ。

 それがなんとも格好いいのです。

 

  Sennheiser HD598 CS 

 

 HD598の名前を冠しているだけあり、音の方向性は似ています。

 良い点は高い解像度とまろやか系の音。アンプを使わなくても素敵な音が鳴るので、高級ヘッドホンの入門としてはかなり良い選択肢になると思います。

 HD598はボーカルや声優の声を聞くためにオススメされていたヘッドホン。ですが開放型ということもあり、音漏れを気にする方には手を出しにくい部分がありました。

 一方HD598 CSは密閉型。音漏れを気にする必要はありません。

 

 

 音や声は低域より。

 中域は若干控えめですが、基本的に柔らかく優しく聞こえてきます。

 女性の声は落ち着きとまろやかさ、優しさに寄っていきます。

 男性の声は柔らかくかつ包容感のある声として聞こえてきます。

 無印HD598がノベルゲーム系やボーカル向けヘッドホンとしてオススメされていただけはあります。

 

 

 得意なのは、クラシックやボーカル。(まろやか系に)

 苦手なのは、打ち込みやダンス系。

 

 弱点は、うっすらと膜のかかったように聞こえるときがあること。また、包み込むような感じで音が鳴るため、音や声を点や粒で聞きたい方には合わないかもしれません。

  

  

 HD598との一番の違いは、密閉型であること。並びにそれに伴う若干の響きと力強さです。

 つけ心地は良という感じで、低反発が若干だけ硬い印象を受けます。

 また、無印HD598のような開放感はありません。密閉型なのに密閉感はさほど感じないのですが、音抜けの良さを期待する場合は、やっぱり開放型のHD598を購入した方が良いと思います。

 

 カスタマーレビュー(Sennheiser HD598CS)には、音質に関してだけでなく、交換パッドについてのレビューもありますので、気になる方はごらんください。

 

 しかしSennheiserさん、HD598の姉妹機とも言えるヘッドホン出しまくりですね。

 このHD598 CS以外だと、欲しいと思ったのはHD579。

 クールグレイのカラーは、プリンと呼ばれた本家HD598とはまた違った良さがある気がします。(銀色や冷たいカラーリングが好きなので、贔屓目に見てるだけかもしれませんが)

 

 

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン  【国内正規品】 HD579

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン 【国内正規品】 HD579

 

 

 ともあれ、HD598 CSは良いヘッドホンだと思います。

 HD598は欲しいけれど、オープン型ゆえにためらわれた経験が有る方はぜひ!