読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

えっちなフィギュアやドール使いにおすすめの双眼鏡【ペンタックス パピリオの使い方】

 覗きは犯罪です。

 絶対にやってはいけません。

 でも、双眼鏡を買って、部屋の中でフィギュアやドールを見る分には誰にも咎められません。

 

f:id:eeebook:20160515034613p:plain

 

 さて。

 ここにパピリオという双眼鏡があります。

 一メートル以内という近くに焦点が合うという、双眼鏡の中ではおそらく唯一無二の特徴があります。(普通の双眼鏡は、構造上、遠くにしか焦点が合いません。たくさんの特許技術で生まれたのがパピリオなのです。他社の双眼鏡に似たものはありません)

 

 近くに焦点が合う……というのはどういうことなのか?

 当然、身近なものをものすごく拡大して見ることができるわけです。

 

 「部屋の中を見るだけでアリエッティになった気分になれる」

 「普通の散歩なのに、植物や昆虫を見るのが楽しすぎる」

 「ルーペや虫眼鏡と違って、立体的に拡大してくれる」

 

 お陰で、近くのものを見ても拡大できる双眼鏡として、双眼鏡マニアにだけでなく、自然観察や昆虫観察好き、神社仏閣巡り好き、美術品好き、博物館好きなどに大人気な機種なのです。

 子供に買い与えるつもりで覗いてみたら、ご自身がハマったという人もたくさん出てくるくらい、大人にも子供にも楽しい双眼鏡です。

 

 その辺りは、アマゾンなどの評価レビューコーナーにたくさんの投稿がされているのでご覧ください。

 

 カスタマーレビュー:PENTAX パピリオ II 6.5x21

 

 

 さて。

 このブログで行わせていただくのは、そんなパピリオのちょっと変わった提案です。

 

  

 1.フィギュアを買いましょう。

 2.PENTAX Papilio II で眺めましょう。

 

 

 すごいことになります。

 いつものフィギュアが等身大級の大きさで迫って来ます。

 

 

 ちなみに、これが。

 

f:id:eeebook:20160522105538p:plain

 

 こんな感じになったり。

  

f:id:eeebook:20160522105801p:plain

 

 これが。

 

f:id:eeebook:20160522105625p:plain

 

 こんな感じになったり。

 

f:id:eeebook:20160522105908p:plain

 

 これが。

f:id:eeebook:20160522110637p:plain 

 

 こんな感じになったりします。

 ……拡大率から考えるともっとかもですね。

 

f:id:eeebook:20160522110716p:plain

 

 

 Papilioをお持ちの方は、手持ちのあれこれでお試しください。

 フィギュアをお持ちの方は、是非パピリオを。(おすすめは6.5倍の方です。8.5倍は構造上若干暗くなりますので)

 

 

 50cmという短い距離で両方とも焦点が合うのはパピリオだけです。他の双眼鏡を購入されても、短い距離にはまず合いませんので、ご注意ください。

 

 ちなみに、ペンタックスパピリオは自宅のアクアリウムや、動物園向けの双眼鏡としてもおすすめの万能機です。(苦手なのは天体観測くらいです)

  

 

  

 双眼鏡入門としてもすごくいい機種で、このブログ一番おすすめの機種です。

 興味があればぜひ!