読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

超広角双眼鏡サイトロン SI 525 SWAを買ってみた。【5倍、ダハ型、Sightron、25mm、5x25】

双眼鏡

f:id:eeebook:20170122175950p:plain

 

 買おう買おうと思いながら2016年に買えなかった超広角双眼鏡なのですが、新年だからと自分に言い聞かせて財布の紐を緩め、この機にえいやっと買ってみました。

 ポチったのは超広角機として有名なサイトロン SI525 SWA。

 

 とどいたブツをさてさてと覗き込み──。

 ──はい。最高

 

 

  Sightron SI525 SWA

 

 

 広角双眼鏡愛好家がたくさんいらっしゃる理由がわかりました。

 視界が広いというのは、それだけでものすごい魅力なのです。

 

 

 ぱっと覗いてうわっと広がる景色。

 ……ああ、……そうなんです。

 今書いて気付きました。この双眼鏡で目に入ってくるのはまず景色なんです。

 

 普通の双眼鏡では、まず対象物に目をやります。

 ですが、このサイトロン SI525 SWAは広い景色が目に入ってくるんです。

  

 もちろん弱点はあります。

 普通の双眼鏡並には重いこと。防水ではないこと。

 「目当て」がないこと。(ゴム式もツイストアップもありません)

 また、夜、明るさは充分なのですが、強い光源が有るとゴーストがうようよし、フレアが結構出ます。(もっともここらは、一万円以下のダハ型なので、コスト的に無理な話かもですが)

 

 ですが、景色の広がりが見渡せる大きな魅力の前には、それらの弱点は些細なことです。

 

 スポーツ観戦やコンサート向けとして凄く良い機種だと思います。(ただし、ナイターや、照明の多いコンサートではフレアの関係で見づらくなるかもしれません)

 鳥見のサブ機としても、大活躍すると思います。

 特に、鳥探しの導入に最適だと思います。広い視界でサッと見つける。一万円以下のダハ型とは思えないくらい、明るくてクリアなので、本当見やすいですしね。

 

 これを山登りに持っていって、山頂から遠くを見たい。

 夜景を見渡したい。

 光害の無い所で、満天の星空を見たい。

 そう思わせてくれる双眼鏡なのです。

 

 2017年02月追記。夜景はダメでした。夜間、光源に向けるとフレア出まくりかつ画面が白みます。強い光にかなり弱いですね。同様に月見もダメです。天体観測だと、星座を見るのはいい感じですが、星自体は普通の見え味の良い双眼鏡に負けます)

 

 

 同じ5倍双眼鏡で比較すると、Sightron safari 5x20の方が見え味は良いです。

 最短合焦距離も含め、より多くの場で活躍できるのはsafari 5x20の方だと思います。

 

 その上で、さらに広い景色を見たいとなれば、SI 525 SWAをおすすめしたいです。

 他の双眼鏡でも、一、二度の違いで広く見えたりするのです。

 SI 525 SWAが持つ数度の違いは大きいです。

 

 

 普通の双眼鏡が遠くの「もの」を見るのに対し、SI525 SWAは「景色」を見れます。 

 

 超広角に興味がありつつもお持ちでない方は、今のうちに是非!

 広角好きというのは、双眼鏡という狭い世界の中の、さらに狭い一角ですしね。

 過去の超広角機と同じく、気がつけばいつの間にかディスコンになってしまい、過去の双眼鏡レビューを指を加えて羨ましそうに見ているだけ……ということがありえますから。

 

  カスタマーレビュー(サイトロン SI525 SWA)