読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

KENKO UltraView 7x50 SP のレビュー【双眼鏡、ケンコー ウルトラビュー、7倍】

f:id:eeebook:20160515050516p:plain

 KENKO UltraView 7x50 SP を買ったのは2012年頃。

 初めて買った双眼鏡でした。

 

 目的があって購入したというよりは、双眼鏡がどんなものか見てみたい……という知識欲優先で買ったのですが、結果……。ドハマリ。

 次の週には見え方を比較したいがためにKENKO UltraView 8x30 SPを買い、以降も他の双眼鏡をあれこれ購入し続けました。星見の本や鳥見の本を買ったり、三脚を買ったりして沼にずぶずぶと落ち込んでいきました。

 

 以来、ちょこちょこ双眼鏡を覗き、買い、見比べ、少しずつ知識が増えたように思います。その上での感想なのですが、このKENKO UltraView 7x50 SP、結構コスパが良いと思います。

 

 ……といっても、コスパが良いのは当然だったのかもしれません。

 購入した当時双眼鏡については当然のことながらド素人だったので、先人の皆様のブログやサイトのレビューを見まくり、コスパの良さそうなものを選んだのですから。

 先人の皆様がオススメしてくださった通り、このUltraViewは低価格帯なのにものすごく頑張っている機種でした。Bak4プリズムに生活防水。しかも、7x50。いまだと五千円以下では絶対に買えません。

 

 低価格帯ではがんばっている……という以上に、このUltraView 7x50 SP、実はなかなかの7x50じゃないでしょうか。

 何がって?

 その軽さが、です。

 高級なボディでないがゆえに、副産物的にそうなったのでしょうが、現実問題として使い倒しやすい7x50になっているのです。

 

 7x50は天体観測双眼鏡としては代表的なタイプなのですが、50mmのレンズということもあり、結構重いのが普通です。ちょっとしっかりしたのになると簡単に一キロを超えてきます。

 例えば、日本でも世界でもトップクラスの7x50たち──、たとえばNikon 7x50SPは1.5kg、フジノン FMT-SX 7x50は1.4kgもあります。ですが、その重さから、筋肉こそパワーな人でないと、すぐに手がプルプルすることでしょう。三脚使用が前提となります。

 

 ● Nikon 7x50SP

 ● FUJINON 双眼鏡 フジノン 7X50 FMT-SX

 

 なのに、このウルトラビューは、794g。

 7x50で軽い双眼鏡となると、VIXENのアルティマが740g……というくらいで、後は大抵が一キロ近いかそれ以上。一キロを切り、まだ持てて普通に使える7x50って、実はあまりないのです。(しかも、VIXEN アルティマは生産終了……すごく良いシリーズでした)

 あとはVIXEN フォレスタ ZR 7x50が930g……というくらいでしょうか。

  

 ですが残念なことにこのUltraViewシリーズ、現在ではほとんど見かけません。

 

 ですが、悲観することはありません。

 生活防水はなくなりますが、KENKOのNew Mirageシリーズが安い価格で売られています。

 

 New Mirageシリーズの7x50はUltraViewよりも軽い789g!

 ごく普通の7x50ですが、この価格で普通に見れる双眼鏡として成立しているのは素晴らしいです。軽さと安さの一点突破で、天体観測に興味のある双眼鏡の入門者が最初に買う一台として、あるいは上級者のお気楽に持ち出せるサブ機としてオススメです!

 

 ● Kenko 双眼鏡 New Mirage 7×50