読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

20000円前後までの予算でおすすめしたい双眼鏡

 20000円前後までの予算でおすすめしたい双眼鏡

 

 Vixen アスコット ZR 8x42 / 10x50

 

 天体観測向け。手持ちでは重たいし、10倍ゆえに手ブレが大きいが、三脚を使えば素晴らしい見え味となる。

 フレアやゴーストが抑えられている。

 明確にこれ以上の見え味となると、かなりの予算が必要。

 そういう意味ではコストパフォーマンスは良い。

 

 【8x42】(所有機)

 〈星見〉 ◎-: 月が綺麗。星もなかなか。

 〈鳥見〉 ◯ : 筋肉な人専用。ベランダ派向け。

 

 【10x50】(他のフルマルチコート10x50とアスコットZR8x42から推測)

 〈星見〉 ◎ : 月が大きめで綺麗。星もいける。ただし手ブレに注意。

 〈鳥見〉 ◯ : 筋肉な人専用。ベランダ派向け。

 

 

Vixen 双眼鏡 アスコットシリーズ アスコットZR10×50WP(W) 1563-06

Vixen 双眼鏡 アスコットシリーズ アスコットZR10×50WP(W) 1563-06

 

 

 

 Kowa SV32-8 / SV42-8

 

 野鳥観察入門の定番機の一つ。

 価格的にもこなれている。

 デザインの好き嫌い意外に、大きな欠点の無い入門用機種。

 

 【SV32-8】(店頭での試し見と手持ちの一万円台8x32ダハより推測)

 〈星見〉 ◯-: 月はなかなか。星もいける。

 〈鳥見〉 ◎ : 鳥見入門に。

 

 【SV42-8】(店頭での試し見と手持ちの一万円台8x42ダハより推測)

 〈星見〉 ◯ : 月はなかなか。星もいける。

 〈鳥見〉 ◎ : 32mmよりも明るい。ただし利便性は悪くなる。

 

Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 8倍32口径 SV8x32 SV32-8

Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 8倍32口径 SV8x32 SV32-8

 

 

  

 Kowa BD25-8

 

 クリアな見え味で海外の評価も高い。

 野鳥観察だけでなく、ウォーキング入門機としての定番。

 32mmが重い人に強くオススメしたい。日本製。

 

 〈星見〉 ◯ : 月はいける。星もすっきり見える。

 〈鳥見〉 ◎ : すっきりとした見え味。暗いところを見るには少々弱い。

 〈観劇〉 ◯ : 悪くない。

 〈散歩〉 ◎ : コンパクト機らしい軽さ。見え味も良い。

 

Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 8倍25口径 BD8x25 BD25-8GR

Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 8倍25口径 BD8x25 BD25-8GR

 

  

  

  Nikon ミクロン 6x15

 

 大正時代に生まれたニコンのミクロンを復刻させたもの。

 デザインと機能性からかなりの人気。

 見え味は良いが、目幅が広い人には合わない可能性があるので注意。

 

 ※似た機種すら持っていないため、適性別コメントはなし。

 

Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15 ポロプリズム式 6倍15口径 M6X15 (日本製)

Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15 ポロプリズム式 6倍15口径 M6X15 (日本製)

 

 

 

 その他、コスパが高そう&性能が良さそうな機種のピックアップ

 

 ・ FUJINON KF 8×42 H : フジノンのケンコーOEMは性能の割に他社より少し安いものが多い気がする。

 ・笠井トレーディング 2.3x40 WideBino28 : 対空双眼鏡。星が沢山ある場所で。

 ・PENTAX AD 8×36 WP : 32mmを買う値段で36mmが手に入る。

 ・OLYMPUS 10×42 EXWPI : オリンパスのハイエンド。海外での評価が極めて高い。(参考:allbinos : Binoculars ranking 10x42

 

 

笠井トレーディング 2.3x40mm 星空観賞用双眼鏡 WideBino28 ワイドビノ28

笠井トレーディング 2.3x40mm 星空観賞用双眼鏡 WideBino28 ワイドビノ28

 

 

OLYMPUS 防水双眼鏡 10×42 EXWPI

OLYMPUS 防水双眼鏡 10×42 EXWPI