読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

Acer Chromebook CB3-131がアメリカアマゾンで149.99ドル! 

f:id:eeebook:20160718121210p:plain

 

 アンドロイドへの正式対応が発表されたChromebook

 日本だと少々お高いですが、アメリカだと結構安く変えます。

 

 今、セールの対象になっているのかAcerの11.6インチ、Chromebook CB3-3-131です。

 なんと、149.99ドル。国際送料(プラス13.35ドル)を合わせても、163.34ドル。日本円にして17000円から18000円くらい。

 160.00ドルになっていないので関税はかからないのがいい感じ。(他のあれこれを買い足して、アマゾンでの購入金額の総額が159.99ドルを超えた場合、別途関税がかかるようになります)

 

 新品のノートパソコンがこの価格で手に入るのは嬉しいです。

 

 私はこの機種の前のバージョンとなるAcer Chromebook CB3-111を愛用しています。

 CB3-111とCB3-131の違いと言えば、CPUがCeleron N2830かN2840か。

 

 ──と書いていましたが、コメントでご指摘をいただきました。

 CB3-131は更にIPS液晶になっています。AcerChromebookは全体的に液晶の悪さが言われているだけに、これはかなり大きな違いです。

 

 

 その上でCB111の使用感を説明すると……。

 

 ・他のChromebookと同じく普通に使える。(Windowsの廉価機として人気の高い、ASUS X205TAとほぼ同じ構成です。Windowsでも満足度が高いのですから、Chomebookではなおさらです)

 ・より良い高性能のCPUを積んだものよりは若干だけ遅い。(手持ちで違いがわかるのはAcer Chromebook C720。C720のCPUはCeleron 2955U。と言っても違いがわかるという程度で、普段使っている分にはほぼ同じです)

 ・電波をつかむのがC720よりも若干遅い。(ちなみに、手持ちのChromeOS機の中で一番遅いのはChromebit)

 

 という感じ。

 今のところ、これというデメリットは感じません。

 ブログの更新やツイッター、ウェブ位なら問題なしです。

 

 ただし、今後アンドロイド対応になった場合はなんとも言えません。

 CB3-131も今年度中のアンドロイド対応が予定されているのですが、タッチパネルではありませんし、メモリも2GBしかありません。ハードディスクも16GBと心許ない感じ。(CB111ではそのうち半分くらいを最初から使っていたと記憶しています。おそらくCB131も同じくらいだと思います)

 

 だからこそ、149ドルと格安の値段で販売されるようになったのかもしれませんが、インターネットメインで他はあんまり使わない、という人にはこれで十分だと思います。

 

 このセール、今の時期だけかもしれませんので、気になる方はお早めに。

 

  Acer chromebook CB3-131 (アメリカアマゾン)