読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヤホンとヘッドホンと漫画とアニメとお酒と双眼鏡とパソコンな日々

「声」が素敵に聞こえるイヤホン、ヘッドホンの探求。(アニメ、映画、声優、ノベルゲーム、アニソン、ボイスドラマ、その他音声作品向け) 双眼鏡は天体観測、野鳥観察、自然観察、コンサート、ウォーキング。 他、漫画、アニメ、パソコン、お酒などのブログ。

Sennheiser MX375のレビュー【低価格インナーイヤー型イヤホンの定番】

 

f:id:eeebook:20160418125925p:plain

 

 きちんとレビューしたことがなかったので改めて。

 Sennheiser MX375はインナーイヤー型の定番機の一つ。

 音のタイプ的にはまったり系。落ち着いた感じの音をを出します。

 

 以下、レビューを。

 

 ◇ パッド無し

 

 ・全体的になめらかで落ち着いた感じの音を出す。

 ・さらさら寄りだが、シャリシャリ感が抜けきってない。オノマトペのまま表現するなら、しゃらしゃらという感じ。とは言え、力強さがないわけではない。

 ・音自体はしっかりしている。

 ・開放型らしく、音の抜けはよく、自然。

 ・ハウジングは大きめ。耳にひっかけにくい人もいるかもしれない。(SE-CE521よりは少しだけ小さい感じ)

 ・高域はなだらか。

 ・低域もまろやかで広がりがある。耳に優しい感じの音。

 ・全体的に優しい音。ゆっくりまったり聴くときにオススメ。

 ・声もはっきり聞こえてくるため、作業用にアニメやボイスドラマ、Webラジオを聴くときに合う。

 ・ただし、エッジの聞いた曲には妙に合い、凄くノリが良くなるときがある。

 

 

 ◇ パッド装着時

 

 ・パッドをつけるとかなり音が代わり、低音寄りになる。

 ・低音の力強さと迫力が増す。

 ・全体的にさらにまろやかになる。

 ・特にボーカル部分が低音寄りになる気がする。

 ・全体的に少し曇る。

 

 と、まあ、私なりのレビューを書いてみましたが、アマゾンで人気で百を越すレビューが投稿されているので、そちらを御覧頂いたほうが良いかもしれません。

 

 

 ● カスタマーレビュー(Sennheiser MX375)

 

 

 お気楽に音楽を聞きたい時に使っています。

 低価格帯のインナーイヤー型で大雑把に比較するのなら、

 

 SE-CE521 : 元気で明るい音。楽しくノリの良い曲を聴く時に。

 VJJB C1 : クリアでかっちりした音。

 MX375 : 落ち着いた優しい音。まったり作業用に聞き流すときに。

 

 という感じ。

 

 SE-CE521だと若干雑に聞こえ、VJJB C1だと固く聞こえすぎるという人にオススメします。

 

 ● Sennheiser MX375

ゼンハイザー イヤホン MX375【国内正規品】

ゼンハイザー イヤホン MX375【国内正規品】

 

  

 2017年01月追記

 

  AGPTeK M20という3499円の激安高音質DAPに付属しているイヤホンが、Sennheiser MX375にそっくりでした。(外見はおそらく同じ工場で作ったもの。音質もかなり似ていて、声の出し方が特に似ているんです)

 

  AGPTeK M20

 

 2000円台前半でMX375を買うのでしたら、後千円ちょっと出して AGPTeK M20と付属イヤホンを手に入れられる方が遥かにお得だと思います。

 

 なお。

 AGPTeK M20は、明るく明瞭な音を出します。

 AGPTeK M20で聴くとSennheiser MX375はかなりそちらに引っ張られて明るい音を出すので、ここのレビューとかなり違う印象を受けるかもしれません。